家計の金融資産(貯蓄額)が1798万円と2002年以降、最高を更新 | 投資金融ブログ

総務省が5月19日に発表した2014年の家計調査によると1世帯の貯金や株、投資信託、債券などの金融資産の合計額は2013年比で3.4%増加して1798万円となったそうです。金額だけを見ると大きく感じますが、これは極端な数字にも引っ張られますので中央値はもっと低いはずです。今回はこの総務省家計調査の数字を色々見ていきた…