「発生」から「廃棄」まで――6つのライフサイクルを把握する

ご存知だろうか? 紙文書には「発生」から「廃棄」まで6段階のライフサイクルがあるのだ。無駄のない管理はライフサイクルを把握することから始まる。