【インターネット徹底集客163】閑散期の割引の再考 内藤英賢 - 観光経済新聞

 冬季は閑散期となる地域が多く、集客に苦慮している施設が多い状況となっている。従って、どうしても一人でも多くのお客さまを集客したいという話になってくる。  そして、その集客の話になると、誰もが真っ先に浮かぶのが割引や値下げという発想である。もちろんお客さまには予算があり、周囲には競合があり、お客さま…