新作「カフェ・ソサエティ」がダメで、旧作「ローマでアモーレ」がいい理由 | シーズン野田 | 街角のクリエイティブ

今回の今更部門ノミネート映画は「ローマにアモーレ」。ウディ・アレン監督作品です。現在公開中の「カフェ・ソサエティ」を差し置いて、なぜ2012年の映画を語るのか。自分でもよくわかりませんが、書きながらある一つの答えにたどり着きました。