VRを活用した斜視・弱視治療が50以上の眼科医に導入 | Mogura VR

Vivid Visionの創業者・CEOであるジェームズ・ブラハ氏は、Oculus RiftのようなVRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)を使用して、弱視のためのソフトウェアの設計を行っています。 起業家でもありプログラマーであるブラハ氏は、若い時に弱視・斜視と診断されました。他のほとんどの人と同様に、9歳以上での治療の見込…