東京アートミーティング(第5回) 新たな系譜学をもとめて‐ 跳躍/痕跡/身体

東京都現代美術館は、常に動き続けるコンテポラリー・アートを肌で感じることのできるスペースです。