「新卒社員の3割が3年で辞める」はなぜ30年間変わらないのか

好調な日本経済と共に新卒採用では学生の売り手市場が続き、少子化による人口減少も採用の活況を下支える。企業の採用意欲の高まりは、かつてのバブル景気並みの採用難を思い起こさせる。その一方で、せっかく採用した新入社員(大卒者)の3割が3年で辞めているという事実がある。人材不足の状況にあって、どうしてこのよ…