「使えない」辺野古新基地と幻の代替案

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への代替施設建設をめぐり、政府は近く「不可逆」とされる埋め立て作業に着手する。最も肝要な「県民の理解」を得ず、既成事実の積み上げにまい進する政府に改めて問いたい、本当に「辺野古が唯一」なのか。 「公明、県内陸上案を検討」 昨年10月、普天間飛行場の移設先…