みずがめ座η流星群が極大(2017年5月)

5月6日頃、みずがめ座η(エータ)流星群が極大を迎えます。今年は、極大の前後2~3日間の、夜半過ぎに月が沈んでから薄明が始まるまでの間は、月明かりに影響されることなく、条件よく流星を観察することができます。流星の数は多くありませんが、放射点の高度が低いため、経路の長い見事な流星が出現することがあります。