認知症患者の事故 家族の責任は…注目裁判|日テレNEWS24

認知症患者が徘徊中に電車にはねられ死亡した事故をめぐり、介護をしていた家族に監督責任があるかどうか争われた裁判で、最高裁は2日、当事者双方の意見を聞く弁論を開いた。認知症患者の介護に大きな影響を与える裁判。介護する家族の思いを取材した。