広がる新型資金調達 新株予約権の第三者割当

 「喫緊の資金需要ではないが、将来の成長資金確保にメドを付けたい」――。そんな企業の意向を映した資金調達法が広がっている。証券会社など第三者に、数年後に新株を購入する権利(新株予約権)を発行。株価や業