国際環境の変化が促すODAの改革

日本は戦後、政府開発援助(ODA)を活用し、途上国の貧困対策に力を注いできた。新興国が台頭し、中国などが援助する側に転じるなか、ODAも曲がり角を迎えている。  政府は対外支援の原則をうたったODA大