段ボール業界、改まらぬ談合体質

 段ボール業界は過去にも価格カルテルなど独占禁止法違反で公正取引委員会の勧告審決を繰り返し受けてきた。製品の品質に差がつきにくいうえ、製品価格に占める原材料費の割合が高くコスト削減の余地が小さいことな