革新性をもたらす洞察は、現場の「実践知」に根差す【前編】――日本企業の強みを活かす帰納的飛躍を起こそう:nikkei BPnet 〈日経BPネット〉

世界的に経営・経済環境が激変する中、日本企業は何を目指すべきか、どうあるべきか。この問いに対して、一橋大学名誉教授の野中郁次郎氏は「コトづくりのイノベーションを持続的に生み出す」ことを目指し、それを実現する共同体を創ることが必要だと答える。そして、その鍵は「実践知」だと主張する。