ぶり奨学金からバイオガス発電まで、共助の仕組みをデザインする

ぶりの一大養殖産地として有名な鹿児島県長島町に、国内最年少の31歳の副町長、井上貴至氏がいる。政府の「地方創生人材支援制度」の第1号として、総務省から2015年4月に長島町に派遣された。以来、ぶり漁師や農家の魅力を全国に発信する情報誌「長島大陸 食べる通信」の発行(編集長として参画)や、地元の寄付など基金と…