愛知県有料道路 料金収入予測の±6%が民間に

始まったばかりの愛知県有料道路コンセッション事業。公社が事前予測した料金収入から6%の上振れまでが民間の取り分となる。パーキングエリアなどの新設工事はコンストラクション・マネジメント方式や原価開示方式で発注。維持管理の効率化も利益確保の鍵を握る。