入居を拒まぬ空き家改修に補助、住宅セーフティネット法改正案が閣議決定

政府は2月3日、空き家を活用し、高齢者や子育て世帯の入居を拒まない賃貸住宅として登録する制度などを盛り込んだ「住宅セーフティーネット法」の改正案を閣議決定した。住宅確保に配慮が必要な世帯の受け皿づくりを狙う。