海兵隊の沖縄駐留「日本が要望」元駐日米大使 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

 【平安名純代・米国特約記者】米元副大統領で、クリントン政権下で駐日米大使を務めたウォルター・モンデール氏が1995年当時、米軍普天間飛行場の返還交渉で、日本側が在沖縄米海兵隊の駐留継続を望んでいたと述べていたことが12日までに分かった。