アーティスト・インタビュー:木ノ下裕一(木ノ下歌舞伎) | Performing Arts Network Japan

2006年に京都を拠点に活動をスタートした木ノ下歌舞伎。その主宰を務めているのが、京都造形芸術大学を卒業し、現在「武智歌舞伎論〜近代における歌舞伎新演出について」をテーマに博士論文を執筆中の新鋭、木ノ下裕一(1985年生まれ)だ。小学3年生で落語と出会ったのをきっかけに、日本の古典芸能に傾倒。現代劇の演出家…