マナー違反していない? 結婚内祝いの「のし」の書き方実例

出産内祝いでは蝶結びがよいとされる水引も、結婚内祝いでは結びきりを選びます。そんな、結婚内祝いならではののしのルールをマスターしましょう。新しい姓だけでよいのか、旧姓で仕事を続ける場合の正解はなどを、ギフト コンシェルジュが解説します。