民法、120年ぶり抜本改正へ 衆院法務委で法案可決 「約款」規定を新設

契約のルールを定めた規定を大幅に見直す民法改正案が12日、衆院法務委員会で可決された。取引条件を示した「約款」に関する規定の新設などが柱で、今国会で成立する見通…