【書評】書評家、西野智紀が読む『典獄と934人のメロス』坂本敏夫著 大震災時、刑務所で結ばれた信頼関係

獄塀全壊。大正12年9月1日の関東大震災によって横浜刑務所が陥った窮状である。家屋の倒壊や広がる大火災で横浜中が地獄絵図と化すなか、構内にも火の手が迫り、時の典…