【書評】『夜の庭師』ジョナサン・オージエ著、山田順子訳

14歳のモリーと11歳のキップは両親と離ればなれになりながら、アイルランドから海を渡ってイングランドへ。古びた屋敷で奉公するためだ。女主人から意地悪されるが、姉…