【書評】思想家、内田樹が読む『騎士団長殺し 第1部、第2部』村上春樹著 登場人物は村上作品の分身

読み終わるのがもったいなくて、ちびちび読んだ。期待通りだった。僕は「期待通り」であることに深い満足を覚えたけれど、「期待通り」がいいことなのかどうか(作家自身に…