三菱重工、貨客船1000億円規模に MRJは日米3拠点で開発加速

 三菱重工業は10日、都内で事業戦略説明会を開催した。大型客船の建造で多額損失を計上している商船事業について、交通・輸送ドメイン長を務める鯨井洋一副社長は「エネルギー船と官公庁船、貨客船を伸ばす方向で検討している」と述べた。