イトーヨーカドー、閉店決定が16店舗に 新たに厚木、藤岡も決まる

 セブン&アイ・ホールディングスが構造改革を進める傘下のスーパー「イトーヨーカドー」で、建物の老朽化や採算の悪化で閉店済みや閉鎖方針を決めた店舗が11月末で計16カ所に達したことが1日、分かった。2016年度の下期に入り5カ所の店名が判明した。