樹をめぐる物語 | 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館

「樹木」というモティーフを通して、印象派を中心とするフランス近代風景画の進展を探る展覧会です。 本展覧会はロマン派やバルビゾン派にはじまり、印象派を経てフォーヴまで、「樹木」が風景画の展開にどのような役割を果たしてきたのかを展覧します。絵画の独立した主題として樹木を描き、樹木を介した光と影を追求し、…