中国の南昌大学第一付属病院、VRと3Dプリント技術を肝腫瘍切除手術へ初応用 |

11月10日に、中国の南昌大学第一付属病院の教授、時軍氏はVRと3Dプリント技術を応用して、67歳の肝がん患者の肝腫瘍切除手術を行いました。この技術は中国で先端に立っており、肝臓手術への初応用です。