節分と立春 二十四節気と七十二候(日本のタオイズムと道教の祭事) | 日本道観 道家道学院の 「TAOの言葉」

節分とは、立春とは(日本のタオイズムと道教の祭事)。節分とは立春の前日のこと。鬼を追いだし豆をまいて、春の訪れを促すのです。 冬至と春分の間の日が立春、冬から春に季節が切り替わる日です。一年を二十四節気にわけ、さらに三等分したのが七十二候です。