「不要な存在」になる不安 大西隆編集委員が聞く

 障害者四十六人が殺傷された相模原事件からおよそ五カ月。障害とは無縁の人々の間では、記憶の風化が加速しているようにも映ります。