世界最高効率で自然光を水素へ変換 | UTokyo Research

東京大学と宮崎大学の研究グループは、自然光の下、太陽電池により高い効率で得た電力を用いて水を電気分解し、太陽光エネルギーの24.4%を水素として蓄えることに成功しました。これは、世界最高のエネルギー効率です。太陽光で生成した水素が化石燃料を代替する上で重要な一歩です。