不完全性の権威|ちくま学芸文庫|webちくま

異色の読書論/教養論として話題を呼び、世界30カ国で翻訳されベストセラーとなった『読んでいない本について堂々と語る方法』。本書がもつ奥行きの深さをあざやかに浮き彫りにする、気鋭の哲学者による論考を、PR誌「ちくま」11月号より掲載します。