はらこ飯の由来 | 魚介類の通販 山内鮮魚店

「はらこ飯」の「はらこ」はその名のごとく「鮭の腹子」のこと。秋から冬にかけ宮城県沖で水揚げされる「天然秋鮭(学名:シロサケ)」を使った宮城県の郷土料理。江戸時代「伊達政宗」に献上したのが始まりとされています。