相田みつを「しあわせはいつも じぶんの…」

しあわせはいつも じぶんのこころがきめる(『しあわせはいつも』より)