太閤検地で使った升(ます) | クリップ | NHK for School

太閤検地の時、豊臣秀吉は京都で使われていた京枡を、米などを計るための基準の枡に定めました。一升の10分の1が一合。一合は今の180ccです。