樹木希林さんがガンになった理由と「喜怒哀楽」が解放される順番

「死ぬときぐらい 好きにさせてよ」というキャッチコピーで、