Qアノンの「地図」と河野十全氏の「自然感覚と勘」

昔読んだプラトンの「饗宴」は、なかなか面白かった記憶がありますが、