分かりやすい・分かりにくいマーケティングの使い分け

少し前に、「分かりにくさ」で参入障壁を築くマーケティング手法があるのではないかという記事を書きました。