ギターマガジン吉村秀樹追悼特集「美しき轟音の果てに」を熟読した : I'm Swayin' In The Air

吉村秀樹のギターサウンドをして「轟音」「独創的」など「抽象的な表現」で形容されることは今まで多々あったけど、このギターマガジンの吉村秀樹追悼特集に感傷的アプローチ感は一切ない。ここまで徹底的に「ギタリスト」として焦点あてられた記事は今まで無かったと思う。