焦点が定まらない「働き方改革」は前途多難 安倍首相は「人口動態に全く懸念なし」と明言

現在「働き方改革」の最大のテーマは、残業時間の見直しだ。しかし本来は「少子化対策や女性の社会進出の推進」「非正規雇用の待遇改善」ほか、改革のポイントは多岐にわたるはず。この改革は主たる狙いが定まっていないという点で前途多難だ。