親子愛とSFの糸の濃密な絡み合い『インターステラー』85点

作品の密度が濃いというのは、言い換えれば詰めこみすぎといえなくもない。『インターステラー』の迫力の展開と愛情の喜びを同時に、しかも存分に味わうためには、それなりに身体と脳が健康な状態でないとむずかしい。いずれにせよ映画館で観なければその魅力が半減するのはたしかだ。