男は安らかな顔で引き金をひいて、女はいつまでも待っていた。『ソナチネ』

最近どうも、ぼくは本当は観たくもない映画ばかり観てるんじゃないかと思うことがあって、原点回帰というか、自分の真ん中に戻るつもりで、昔好きだった映画や小説に触れるようにしています。 昔から北野映画が好きで、とくに若い頃は『ソナチネ』の衝撃が大きかったんだけど、あらためて観てみたら、いやあ、よかったです…