東芝「解体」へ加速、虎の子の半導体も過半数売却へ | Close-Up Enterprise | ダイヤモンド・オンライン

原子力事業で7000億円を超える損失を計上する東芝は、今期末に債務超過が解消できず、東証2部に降格する情勢だ。元凶の原子力を抱えたまま、稼ぎ頭の半導体は来期にも過半の株式売却に追い込まれ“東芝解体”は想定を超えるスピードで現実化しつつある。