42歳「脳が壊れた」ルポライターのその後〜私が障害を受容するまで(鈴木 大介) | 現代ビジネス | 講談社

昨年初夏、41歳で脳梗塞に倒れた。幸い一命は取り留め、血圧や血液の状態などを改善維持すれば再発リスクはそれほど高くないというが、左半身に軽度のマヒと、構音障害(呂律障害)、そして高次脳機能障害(以下高次脳)という聞きなれない後遺障害が残った。