ネイティブ接続事業者3社、IPv6とIPv4の共存に向けた技術検証を開始

 BBIX、インターネットマルチフィード、日本インターネットエクスチェンジは8月31日、IPv6ネットワーク上にIPv4パケットを流すための技術について、3社で共通した方式の採用を検討すると発表した。IIJイノベーションインスティテュートの協力を得て、9月から来年3月にかけて技術検証を実施する。