ついに終わった「スマホの進撃」、クラウドは高成長が続く

 2007年に「iPhone」を発売して以来、破竹の勢いだった米Appleの業績が2016年1~3月期にはいよいよ減収に転じる。スマートフォン用プロセッサ大手の米Qualcommの売上高は既に3四半期連続で減少している。米IT大手の2015年10~12月期決算は、スマホの進撃の終焉とクラウドの高成長とで明暗が分かれた。