進化する3Dプリンター、内臓模型で手術の予行が可能に

外科医にとって工業用3Dプリンターは手術台の強い味方になりつつある。今やこれら工業用プリンターで、超薄層を1枚ずつ重ね、個別の肝臓やじん臓の模型を作製できるようになっている。