漫画家を志したあの日から、夢を叶えた現在に至るルート(2)

前回書いたとおり、僕は子供の頃に漫画家を志しました。 しかしその夢は程なく小さくなっていきます。 漫画家になんてなれるわけがない、漫画を描いているだなんて人に知られるのが恥ずかしい、という想いからです。 そして僕は、絵や漫画とは全く無縁の仕事に就きました。 学校で身につけた基本的なPCスキルを活かせそう…