個体数が減ったオオカミが子孫を残す相手として選んだのはコヨーテだった。オオカミとコヨーテのハイブリッド種「コイウルフ」 : カラパイア

 出会いの少なさは若者にとって深刻な悩みかもしれないが、それは人間に限ったことではない。森林の伐採と狩猟によって、着実に数を減らしつつある北アメリカ東部のハイイロオオカミたちは、子孫を残す相手としてコヨーテを選ばざるをえなかった。 種を超えた恋は素晴ら