メールを甘く見てはいけない!メールでは力を温存しないで出し切ろう - 子育ての達人

実際に会って話す場合と、メールで送信された文章を読むのとでは、同じ内容でも、受け取り方が異なってくる場合があります。メールの書き方によって、実務的な用件以外の部分が、良くも悪くも取られることがあります。メールを上手に駆使すれば、相手との良好な関係を築く便利ツールになること間違いなしです。